グレイン・ソルガム(ソルガムきび)

グレイン・ソルガムは、米国を含む世界の国々にとって重要な穀物です。米国は世界最大のグレイン・ソルガム生産国です。グレイン・ソルガムの主な輸出国は、米国、オーストラリア、アルゼンチンです。

グレイン・ソルガムの利用法

ソルガム畑グレイン・ソルガムは米国、メキシコ、南アメリカ、そしてオーストラリアにおいては、重要な動物飼料です。良質のグレイン・ソルガムはトウモロコシと同等の栄養価があります。グレイン・ソルガムは、その飼料価値をさらに高めるための加工が可能であり、粉砕、粗砕、蒸気処理、蒸気圧扁、爆裂、押出しなどの技術が飼料用途の品質向上に使われています。そしてグレイン・ソルガム飼料は、肉牛、乳牛、産卵鶏、家禽、豚に与えられ、ペットフードにも使用されています。
グレイン・ソルガムは世界中で伝統的に食品に利用されています。アメリカ穀物協会では、食品として利用される際、グレイン・ソルガムを新たな雑穀のひとつとしてソルガムきびと呼んでいます。また、ソルガムきびは世界中でお粥、イースト発酵しないパン、クッキー、ケーキ、クスクス、モルト飲料などの原材料として使用されています。ソルガムきびの伝統的な調理方法はいろいろありますが、ゆでたソルガムきびは、もっともシンプルな調理方法で、小さなとがった穀粒が通常このような食品に使われます。全粒を挽いて製粉したり、外皮を取り除いてから細挽き粉を製造したり製粉してさまざまな伝統食品を作るために利用されます。

ソルガムきびは食用に適したユニークな特性を持っています。有色ソルガムきび品種は抗酸化作用に富み、すべての品種においてグルテンを含まず、小麦粉アレルギー患者にとって魅力的な代替品となります。

ホワイトソルガムきびのパンケーキ

ホワイトソルガムきびのパンケーキ

その淡白な味のため ソルガムきびは他の風味をよく活かします。たとえば、米国産ホワイトソルガムきびは日本に輸出され、製粉業者によってソルガムきび粉に加工されています。日本の食品メーカーは、商業化にむけて、ソルガムきび粉を研究とレシピ開発に使用しています。近い将来、日本と北米において、より多くのホワイトソルガムきびを使用した食品が発表されると予想されています。

米国で生産されるグレイン・ソルガムは、エタノールとその関連製品にも利用されます。再生可能な燃料源としての需要が増加するにつれ、グレイン・ソルガムの有利な栄養構成によってグレイン・ソルガムやDDGSのような関連製品の需要が今後増えると予想されています。