食品開発展2012 (10月3-5日)に出展します

2012年9月5日

アメリカ穀物協会は、来る10月3,4,5日の3日間、東京ビッグサイト西1,2ホールにおいて開催される 「食品開発展2012」にて、機能性食品への活用が期待される 米国産ベータグルカン大麦、ソルガムきびを下記の通りご紹介いたします。

βグルカン大麦: アトリウム A-063

ソルガムきび: USパビリオン 2-213

 

* * * * * * 出展社特別プレゼンテーション * * * * * *

「米国産大麦とソルガムきび由来成分の新たな健康ベネフィット」
(パネルディスカッション形式)

日時:10月4日(木) 11:30-12:20

会場: 東京ビッグサイト 西1,2ホール I会場 (アトリウム2階)

パネリスト:
愛媛大学農学部 准教授 菅原卓也氏
テキサスA&M大学 食用雑穀品質研究室 サラ・ボズウェル氏
ノースダコタ州立大学ノーザンクロップ・インスティテュート ナツキ・フジワラ氏

司会進行: アメリカ穀物協会 日本事務所代表 浜本哲郎

☆ 出展社プレゼンテーションは、予約不要です。

☆ 事前登録により、当日の食品開発展入場料 3000円のが無料になります ☆

食品開発展ウェブサイトより、お早目にご登録ください!!
多数のご来場をお待ちしております。

食品開発展2012ウェブサイト
http://www.hijapan.info/index.php