NYタイムズに掲載されたソルガムきびの記事とレシピのご紹介

2013年7月18日

THE NEW YORK TIMES  2013年5月31日掲載

New Tricks for Old Grain  古来の穀物の再発見

Andrew Scrivani for The New York Times Raw sorghum.

Andrew Scrivani for The New York Times Raw sorghum.

タラ・パーカー・ポープ Tara Parker-Pope
「すべての古いものは新しく生まれ変わることができる。特に古来の穀物を料理する時に」
マーサ・ローズ・シュルマンは、健康セクションの今週のレシピにこう綴りました。ソルガムきびやファロなどの古来の穀物は何百年もの間、食餌の主成分として欠かせないものですが、現代人はシンプルにその美味しさや噛みごたえのある食感を楽しんでいます。

RECIPES FOR HEALTH

New Ways to Use ‘Ancient’ Grains  「古来の」穀物の新しい使い方

20130718 Sorghum 2「古来の穀物」は全粒食品業界において、新しいキャッチフレーズとなっています。「古来の穀物」とは何百年、または何千年もの間、食用として食べられていた数種の穀物を意味しています。これらの穀物は、世界の遠く離れた地域では何世紀にもわたり食べられていましたが、アメリカにおいては近年新しい食材として注目を集めています。
ソルガムきびのような雑穀は、インドやアフリカにおいて何世紀にもわたり主食として食べられていましたが、アメリカでは主に飼料用として栽培されていました。(中略)
ソルガムきびなどの古くて新しい雑穀は美味しく、噛みごたえがあり野菜や豆とよく合います。

2013年5月28日掲載

マーサ・ローズ・シュルマン
MARTHA ROSE SHULMAN
The NY Times レシピ・コラム担当
著書 “The Very Best Recipes for Health”など

ソルガムきびのシチュー ~ブラックビーンズ、アマランスとアボカドと一緒に
Sorghum Bowl With Black Beans, Amaranth and Avocado

ソルガムきびは、粒が丸くて同じような大きさのクスクスに似ていて、クスクスと同様にソースの多い煮込み料理によく合います。豆とアマランスの入ったシチューの中で、ソースを吸い込み柔らかくなった豆に対し、しっかりと立ち上がっているソルガムきびの粒が好評です。
【材料】 ・ブラックビーンズ または花いんげん豆など好みの豆 450g
・キャノーラオイルまたはグレープシードオイル 1 tbsp  ・玉ねぎ 中1個、 みじん切り
・ニンニク2~4片、すりおろす ・好みのハーブ、パセリなど トッピング用 ・塩 適宜
・ソルガムきび粒 1カップ  ・熟したアボカド 1個 スライスする ・あればフェタチーズ、トッピング用 適宜
・アマランスの葉、またはベビースピナッチ、1束 (葉と茎をざく切り)

【作り方】

  1. ブラックビーンズなど乾燥豆は洗って一晩水につけておく。つけ汁は捨てずにとっておく。
  2. スープ用鍋やダッチオーブンで中火でオイルをあたため、玉ねぎを柔らかくなるまで5分ほど炒め、にんにく半量を加え1分ほどさらに炒める。ブラックビーンズとつけ汁を加える。5㎝位の高さの煮汁で全体がひたひたにかぶるようにする。必要に応じて水を足し、沸騰させる。とろ火にし灰汁をとりながら煮込み、ふたをして約1時間煮込む。
  3. 小さじ半分の塩を加え、残っているにんにくを加える。豆が柔らかくなりスープのとろみがつくまでさらに1時間ほど煮込む。味を見て塩を加減する。
  4. 豆をとろ火で煮ている間にソルガムきび粒をゆでる。粒はさっと水でゆすぎ、小なべに3カップの水を入れ、塩を小さじ半分ほど加えて一度沸騰させてとろ火にし、ふたをして粒が柔らかくなるまでゆでる。(20~30分) ゆであがったら水切りし、鍋に戻してふたをしておく
  5. 豆が煮えたら、アマランスのざく切りまたはベビースピナッチを入れ、葉が柔らかくなるまで約10分煮る。
  6. ゆでたソルガムきび粒は、6つの深めのボウルに取り分ける。豆、アマランスと煮汁を上からかけ、アボカドや刻んだハーブを添える。好みでサルサソースやチリソースを加え、フェタチーズをトッピングする。 6人分。 

訳者注 *缶詰の豆などを使う場合は1は省略

翻訳: アメリカ穀物協会   出典:http://www.nytimes.com/

PDFでご覧になりたい方はこちらをクリック
NEWYORK TIMES Recipe (497 ダウンロード)