DDGS情報 第52号を掲載

2014年11月20日

ニュースレターのページに、DDGS情報 第52号を掲載しました。

DDGS情報第52号

今回のDDGS情報では、Journal of Animal Scienceの10月号に掲載された肥育豚に対するDDGSの利用に関する文献を紹介します。この文献では、肥育豚用飼料としてトウモロコシDDGSやホイートミドリングスのような不飽和脂肪酸含量や粗繊維含量が多い原料を肥育豚用飼料に用いても(トウモロコシDDGSを30%、ホイートミドリングスを19%同時に配合)、出荷前の24日間程度、通常のトウモロコシ・大豆粕主体飼料に切替えることにより、枝肉歩留の低下や脂肪のヨウ素価の上昇などの悪影響をある程度緩和できるとしています。

【文献】A. B. Graham et al.:肥育豚の発育成績、枝肉の形質などに及ぼす高脂肪、高繊維飼料とラクトパミンの相互作用  DDGS No.52 (675 ダウンロード)