2024年米国トウモロコシ&エタノールカンファレンス開催のご案内

2024/5/13

2024年6月26日水曜日、当協会主催標記カンファレンスをオークラ東京(東京都港区)にて開催いたします(同時通訳付き、参加費無料)。本カンファレンスでは、アイオワ州、イリノイ州、ケンタッキー州のトウモロコシの生産状況と環境に配慮した農法の導入などについて、また、協会担当者から米国でのトウモロコシとエタノール生産での温室効果ガス排出削減への取組み、そしてトウモロコシ・サステナビリティ認証プロトコル(CSAP)についての講演を行います。ご多忙のこととは存じますが、何卒ご参加賜りたくお願い申し上げます。

開催日時:2024年6月26日(水曜日) 午前 9:30 – 午後12:00 (午前 9:00 受付開始)
開催場所:The Okura Tokyo(オークラ東京) 7F 「メイプル」
東京都港区虎ノ門2丁目10−4 Tel: 03-3582-0111

プログラム(予定)

開会の辞 アメリカ大使館農務部 エリカ・サミー(Erica Summe, Agricultural Attache, U.S. Embassy, Tokyo)

1. 米国でのトウモロコシとエタノール生産での温室効果ガス排出削減への取組み
マッケンジー・ブービン、アメリカ穀物協会グローバルエタノール輸出開発部長(Mackenzie Boubin, Director of Global Ethanol Export Development, USGC)

2. トウモロコシ生産州からの報告
● ミック・ヘンダーソン、ケンタッキー州コモンウェルス・アグリエナジー、ゼネラル・マネージャー(Mick Henderson, General Manager, Commonwealth Agri-Energy, Kentucky)
●ジム・リード、イリノイ州トウモロコシマーケティング委員会前会長(Jim Reed, Former Chairman, Illinois Corn Marketing Board)
●ダン・カイツァー、アイオワ州トウモロコシ生産者協会理事(Dan Keitzer, Director, Iowa Corn Growers Association)

3. トウモロコシ・サステナビリティ認証プロトコル(CSAP)の紹介
浜本哲郎、アメリカ穀物協会日本代表(Tommy Hamamoto, Japan Director, USGC)

4. 質疑応答

 

ご参加のお申込みは、6月18日(火)までに以下のURLから、またはQRコードより参加申込ページを開き、必要事項をご登録いただけますようお願いいたします。

参加お申し込みページ
URL:https://grainsjp.org/con2024/

 

 

 

注意事項:当日は会場にて講演資料の配布はございません。前日の午後に当ウェブページに掲載予定の資料をダウンロードの上ご来場ください。参加のお申込を頂いた方には前日にご案内をいたします。

以上

一つ前のページへ戻る