米国コーン・アウトルック・カンファレンス2020開催のご案内

2019年12月17日

アメリカ穀物協会主催
米国コーン・アウトルック・カンファレンス2020開催のご案内

2020年1月20日月曜日、当協会主催標記カンファレンスをホテル インターコンチネンタル 東京ベイ(東京都港区)にて開催致します(同時通訳、参加費無料)。

1)2019年米国産トウモロコシ収穫時品質レポートの内容報告、2)トウモロコシやバイオエタノールに新たな市場を開き得るバイオプラスチックや海洋プラスチックごみ問題の動向、3)トウモロコシとソルガムの生産、需給見通しについて講演と米国トウモロコシ・ソルガム生産者によるパネルディスカッション

参加をご希望の方は会場準備の都合上、ご出席のご連絡を1月10日(金)までにファックス(Fax:03-6205-4960)、またはEmail: Japan@grains.orgまでお送りいただけますようお願いいたします。

申し込み用紙はこちらをクリックしてください。 (31 ダウンロード)

 

1、 開催日時  2020年1月20日(月曜日) 13:00(12:30開場)~17:00(予定)

2、 開催場所  ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ  4階「ルグラン」
〒105-8576 東京都港区海岸1丁目16番2号
Tel: 03-5404-2222(代表)

 

プログラム

同時通訳付き

(講演題目はすべて仮題となります)

12:30 開場 受付開始

13:00 開会

(アメリカ大使館農務担当公使ゲーリ・マイヤー氏より書面での開会挨拶)

演題1 「アメリカ穀物協会トウモロコシ収穫時品質レポート2019/20」
アメリカ穀物協会 グローバルプログラム担当上級ディレクター ケアリー・シフェラス

演題2 「トウモロコシやバイオエタノールに新たな市場を開き得るバイオプラスチックや海洋プラスチックごみ問題の動向」
株式会社 日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門
環境・エネルギー・資源戦略グループ 西村 信吾 氏

コーヒーブレイク

演題3 「トウモロコシとソルガムの生産、需給見通し」
テキサスA&M大学 マーク・ウェルチ

パネルディスカッション「米国産飼料穀物の現状と今後の展望」

1. John Greer, Nebraska Corn Board
ネブラスカ州トウモロコシ評議会 ジョン・グリア
2. Josh Yoder, Ohio Corn Marketing Program
オハイオ州トウモロコシマーケティングプログラム ジョシュ・ヨーダー
3. Jay Schutte, Missouri Corn Merchandising Council
ミズーリ州トウモロコシマーチャンダイジング評議会 ジェイ・シュッテ
4. Scott Miller, Corn Marketing Program of Michigan
ミシガン州トウモロコシマーケティングプログラム  スコット・ミラー
5. Shayne Suppes, United Sorghum Checkoff Program
ユナイテッドソルガムチェックオフプログラム  シャイン・スップ
6. Clark Bibb, Kansas Grain Sorghum Commission
カンザスグレインソルガム委員会 クラーク・ビブ
7. Mark Welch, Texas A&M University
テキサスA&M大学、マーク・ウェルチ
8. Cary Sifferath, Senior Director of Global Programs, U.S. Grains Council
アメリカ穀物協会 グローバルプログラム担当上級ディレクター ケアリー・シフェラス

(進行)アメリカ穀物協会日本代表 浜本哲郎

閉会の挨拶 アメリカ穀物協会日本代表 浜本哲郎
17:00 閉会(予定)

* 参加費無料、同時通訳付

 

お問い合わせ先:浜本または小野澤(Tel:03-6206-1041)