アメリカ穀物協会主催 米国産トウモロコシウェビナー 5月29日(金)開催

2020/5/18

アメリカ穀物協会では以下のとおりウェブセミナーを開催することとなりました。

米国トウモロコシ農家の5月初旬時点での現況の報告と、2019/20米国産トウモロコシ輸出貨物品質レポートの内容の説明、世界のトウモロコシの生産・需給に関する録画による講演のあと、質疑応答の時間を設けております。

セミナーはZoomを用いて行い、事前登録をいただいた方に、接続リンクをお送りいたします。本セミナーは、日本以外に、中国、台湾、韓国のお客様も対象として、各言語への同時通訳をいたします。

登録は無料です。万が一、定員に達した場合にはその時点で締め切りとなります。

以下のお申込み専用リンクからお手続きをお願いいたします。

ウェビナー参加のお申し込みはこちらをクリックしてください

(Ctrlボタンを押しながらクリックすると別ウィンドウが開きます。Ctrlボタンを押さない場合は現在のページを離れます)

氏名とメールアドレスをすべて英語(半角英数)にてご登録お願いたします。メッセージ欄がございますがご質問等は別途当日に受け付けいたします。入力が終わりましたら青い「登録」ボタンを押して申し込みを完了させてください。参加が受け付けられますとご登録いただいたメールアドレスに登録完了のご連絡が届きますのでご確認ください。
【氏名の記入例 名:Taro 姓:Yamada 】

※開始時刻が5月29日9:00となっていますが中国の北京・上海での現地開始時刻になります。その青い文字をクリックして東京・大阪を選択しますと開始時刻が10時からに表記が変わります。お申し込みの際に時刻を変更してお申し込みください。

 

アメリカ穀物協会主催 米国産トウモロコシ ウェビナー

日時:5月29日(金)午前10:00~11:40(予定)

 

■開会のご挨拶

-ライアン・ルグラン(Ryan LeGrand、アメリカ穀物協会理事長兼CEO)

■トウモロコシ生産農家の作付け状況

-ジョン・グリア(John Greer、ネブラスカ州)

-トラビス・ストラッサー(Travis Strasser、サウスダコタ州)

■2019/20年度米国産トウモロコシ輸出貨物品質レポート

-リース・キャナディ(Reece Cannady、アメリカ穀物協会グローバルトレード・マネージャー)

■世界と米国のトウモロコシ生産・需給(仮題)

-マーティ・ルイッカ(Marty Ruikka、プロエクスポーターネットワーク社長)

■質疑応答

***

 

プレゼンテーション資料について

こちらからダウンロードをお願いたします。
(印刷してお手元にご用意されるとウェビナーの際に便利です)

トウモロコシ輸出貨物品質レポート2019/2020(英語, 日本語併記).pdf
世界と米国のトウモロコシ生産・需給(英語).pdf
世界と米国のトウモロコシ生産・需給(日英併記).pdf

※「 世界と米国のトウモロコシ生産・需給(仮題)」のプレゼンテーション資料は英語版と日英併記したものを掲載しております。日英併記のPDF資料で一部読みにくいページがありますため宜しければ英語版もご利用ください。
また、和訳に関しては一部修正が入る可能性もございますことをご了承ください。

こちらは5月24日付けでの米国のトウモロコシの状況です。参考資料としてお使いください。
全米トウモロコシ 2020年5月24日アップデート.pdf

講師の略歴はこちらからご覧になれます
講師略歴.pdf

ウェビナーやお申し込みに関してご質問、ご不明な点などがございましたら、以下のメールにてお問い合わせください。

Japan@grains.org

 

 

 

一つ前のページへ戻る